top of page

あいちゃんって何からでも学ぼうとするよね。と言われたばかりです。

柔軟性って必要なんだろうか。

ううん、必要だと思ってるんだけど、

ゆずらなさも必要で、そのバランスだ。

かといってバランスがよければいいというわけじゃなく、

バランスなぞよくないほうが魅力的だ。とわたしは思う。

バランスがいいなんて誰からも愛されてキラキラしてる。

そういうのは好まないし、好まない人たちが好きだったりするんだけど、

それでもそのキラキラが太陽かってくらいの

輝きというか光の強さや貫きがあるものは、

否応なく惹かれちゃうよね。

その強さがパンストックにはあったのだ。


パンストックの体験が(あれはまさに体験!)圧倒的すぎた。

福岡の文化なんだろうか、ドライフラワーとか木が

店内の天井に張り巡らされているのは清潔感がなくて好きじゃないんだけど

そんなマイナスからの導入だったのに

パンを見たらわーってなった。

なんだろう特に珍しい品揃えなわけでもなかったんだけど、

わーってなったのだ。

どこまで計算された配置なのかはわからないけど、

ハード系のパンが終わって角を曲がると

彩りゆたかなサンドイッチが目に飛び込んでくる。ワクワクしちゃうよね。

またテンションがだだ上がりして買いすぎる。

最後のクロワッサンも迷ったけど仕事だと思って買う。


結果、このクロワッサンにやられたのだ。

めちゃんこおいしかったのだ。

わたしのつくるのとは方向性がぜんぜん違うんだけど、

それでも嫉妬するおいしさ。やばーい。好きー。


パンストックの店主は本店にいるのだとばかり思っていたから

天神はどうなんだろうなと半信半疑(偉そうな!)だったんだけど、

途中で店主を見かけて、それでこのクオリティかと納得。

きっと本店は任せられる人がいるんだろうな。

人を育てるのも上手なんだ。


学ぶことの多い福岡。なかなか疲れる。

息ぬきになるかわからないけど、これから

松本では観られない哀れなるものたち観てきます。

最新記事

すべて表示

残念ながら気になることがあると眠れなくなるのは変わらない

今日はフライヤーの色校を戻しがてら、 保健所へ行ったり労働基準監督署(ぜんぜん憶えられない)へ行ったり。 あとはハローワークへも行かなくちゃいけないらしい。 人を雇うということは責任が伴うのだなと 手続きの多さからも実感する。 いままでの気楽さとどうバランスをとっていくのだろう。 これがよい緊張感になるといいな。 珍しくまじめなやまね。 この1年くらいで考え方に大きな変化があって 性格まで変わって

うにちゃんへの手紙か

今朝も猫の夢。 にゃーにゃーではなくまだミューミューと鳴く仔猫2匹が わたしの周りをぴょんぴょん跳ねている。 つまみあげて手のひらに乗せる。 願望むき出しのこの夢はなんなんでしょうか。 なんの暗示もない。ストレートな願望。 そういえばうにちゃんがまだ手のひらサイズだったころ 小さ過ぎてトイレの高さに届かないかもと心配して 会社から配られたビジネス書を重ねて階段にしてあげたな。 結局1ページも読まな

松本マジック

昔から使っている「ヤッホー、お茶にしようよ。」というコピーを 新店のフライヤーにも入れようと思ったのだけど、 ここで松本マジック。 「ヤッホー」がやまびこにしか見えないのだ。 山頂から叫ぶやまねが思い浮かぶ。 東京で使ってたときはなんとも思わなかったのに。 毎日山を見ているからだろうか。 ということで「やっほー」にしてみた。 やまびこ感は減ったと思う。 けど、初めて見た人は松本だからやまびこか?っ

Comments


bottom of page