top of page

いよいよ、いよいよ、いよいよ。←最近はマルハラというのがあるらしい。なんじゃそら。

店舗の契約をようやく済ませて、

昨日は内装屋さんと打ち合わせ。

松本ならでは、寒冷地ならではの制限を聞いたりして

できることできないことを整理しました。

一度にぜんぶ手をつけて、じゃじゃーんとオープンしたいところだけど

懐具合とも相談して、ミニマムスタートに舵を切る。


船長やまねはもともと軽い人間だったのに、最近は

ひますぎていつも使っていない頭を無理に使って悩んじゃっておバカだこと。

ストイックな先生に引っ張られすぎだ。

おいしいお菓子をつくりたい!以上。でいいじゃないか。

これからは、感じるままに手が心がおもむくままに

お菓子を焼いていきまーす。


最新記事

すべて表示

ひと月たちましたネ

淡島のお店を閉めてから約一年、 ふたたびバタバタする日々が始まった。 大好きなお菓子を焼いて生きているという現実よ、しあわせよ。 まだ珍しがって買ってくれてるだけかもだから、油断ならぬ。 松本の人たちに気に入ってもらえるといいなぁ。 みんなを元気にできるようなお菓子を焼いていきたい。 食べ終わったとき、よしがんばるぞーとか、さてつぎいくぞーとか、 すこしでも思ってもらえたら嬉しいです。

第一次駐車場闘争

それはもう始まっているのだ。 駐車スペースにおける攻防が。 軽々しくも、店の横に1台でも駐車ペースを設けた方がいいと言う人がいる。 ではそこに停められなかった大半のお客さんはどこへ流れるのか。 それはそれは大回りをして他の駐車場へいかなければならないのである。 そんなリスクをお客さんに背負わせるのが嫌なのだ。 だからまずは駐車場ゼロから始めます。 最低でも5台は確保しないとあると言ってはいけない気

無口な相棒たちにツッコミを

通電するまでは、ただそこにある「物体」だったオーブンだけど、 息をした(熱を入れた)瞬間に愛しさがこみあげる。 会いたかったよ、プティバッケン! フランスなんだかドイツなんだかわからないそのダサい名前が好き。 大きなからだで天板1枚しか焼けないところも好き。 予熱にめちゃ時間がかかるところも好きだよ。 今日はずっとオーブンと会話していた(一方的に話しかけていた)。 福岡出身の愚直に仕事をこなす職人

Comments


bottom of page