top of page

しあわせアフォーダンス

お店の内装工事が進んでいる。

打ち合わせに行くたびに職人さんたちにお菓子を持っていく。

つぎ会ったときにおいしかったと笑顔をもらえる。

久しぶりのこの感覚。

お菓子で人をしあわせにしたいなんていう美しい精神でなく、

ただただ食べた人たちの喜ぶ顔が見たいというエゴのほうが強い気がする。

会社に入社したての頃、あまり笑わない先輩がいて

その先輩をどうやって笑わせようかと考えていたあの頃と

やってることは根本的には変わらない。

お菓子という武器を手にいれたから、その武器を最大限生かして

人の心をずきゅんずきゅんとぶっ放していきたいのだ(不謹慎にもほどがある!)。

わたしはわたしの人生に大好きな人たちを巻き込んで

ハピネスを雪だるまみたいに大きくしていきたいのだ。

ひとりでは得られない幸福をみんなの力で手に入れようとする欲深き女。フフフッ。


なんてことを考えている、桜舞う本日。

最新記事

すべて表示

残念ながら気になることがあると眠れなくなるのは変わらない

今日はフライヤーの色校を戻しがてら、 保健所へ行ったり労働基準監督署(ぜんぜん憶えられない)へ行ったり。 あとはハローワークへも行かなくちゃいけないらしい。 人を雇うということは責任が伴うのだなと 手続きの多さからも実感する。 いままでの気楽さとどうバランスをとっていくのだろう。 これがよい緊張感になるといいな。 珍しくまじめなやまね。 この1年くらいで考え方に大きな変化があって 性格まで変わって

うにちゃんへの手紙か

今朝も猫の夢。 にゃーにゃーではなくまだミューミューと鳴く仔猫2匹が わたしの周りをぴょんぴょん跳ねている。 つまみあげて手のひらに乗せる。 願望むき出しのこの夢はなんなんでしょうか。 なんの暗示もない。ストレートな願望。 そういえばうにちゃんがまだ手のひらサイズだったころ 小さ過ぎてトイレの高さに届かないかもと心配して 会社から配られたビジネス書を重ねて階段にしてあげたな。 結局1ページも読まな

松本マジック

昔から使っている「ヤッホー、お茶にしようよ。」というコピーを 新店のフライヤーにも入れようと思ったのだけど、 ここで松本マジック。 「ヤッホー」がやまびこにしか見えないのだ。 山頂から叫ぶやまねが思い浮かぶ。 東京で使ってたときはなんとも思わなかったのに。 毎日山を見ているからだろうか。 ということで「やっほー」にしてみた。 やまびこ感は減ったと思う。 けど、初めて見た人は松本だからやまびこか?っ

Comments


bottom of page