top of page

それでもスタンスは変えないヨ

やまねフランスのお菓子の方向性ははじめから定まっていて、

でもそれが松本だと難しいということが

まぁなんとなくわかっていたのだけど、

ここ半年過ごしてみてそれを身に沁みて感じています。

やまねフランスのキーとも言えるフレッシュなくだもの。

その、ひとつのくだものの出回る時期が松本では短いのです。

東京だったら南は沖縄から北は北海道まで

くだものの旬が北上していくのに合わせて

仕入れも北上していくから、ひと種類のくだものを手に取れる期間が長い。

嗚呼、オオゼキが恋しい。

オオゼキにつながるだけでいいからどこでもドアがほしいなんて

アホなことを考えてしまう。


そういうわけで、

くだものに頼るお菓子づくりから

考え方を広げたお菓子づくりへと変革を余儀なくされている。。。

なんて書くと堅苦しいけど

いままでやってこなかったナッツ系やクリーム系、

追求したい素材はたくさんあるのです。

ただフィナンシェとかTHE焼き菓子屋なお菓子はつくる気が起きず。

買って食べるのは好きなんだけどね、

なんとなくやまねフランス向きじゃないよなと思ってしまう。

そういう意味ではカヌレもそう。なんだけどなんだけど

カヌレはただただ自分が食べたいというだけで

つくることにします。むふふ。

あとはプラリネ好きだから、ナッツとキャラメルの組み合わせで

いろんなお菓子を試しています。

とはいえ、くだもののジューシーさを活かしたお菓子という

やまねフランスらしさは失いたくない。

東京でやってきたことをそのまま

松本でもやっていく努力はするつもりです。


シン やまねフランスはなかなか楽しいことになりそうです。

最短で5月末。中部電力さん、もっとはやくできないですかー。

最新記事

すべて表示

いよいよ、いよいよ、いよいよ。←最近はマルハラというのがあるらしい。なんじゃそら。

店舗の契約をようやく済ませて、 昨日は内装屋さんと打ち合わせ。 松本ならでは、寒冷地ならではの制限を聞いたりして できることできないことを整理しました。 一度にぜんぶ手をつけて、じゃじゃーんとオープンしたいところだけど 懐具合とも相談して、ミニマムスタートに舵を切る。 船長やまねはもともと軽い人間だったのに、最近は ひますぎていつも使っていない頭を無理に使って悩んじゃっておバカだこと。 ストイック

深く潜る

夜から朝にかけて降った雪が粉砂糖みたいに山にかかっていてかわいい。 東京へ向かうあずさの中、 自分のつくったお菓子を食べる。 こういう空間で食べるお菓子は、しごく客観的に食べられてよいな。 家にいる安心感もおいしいお茶もないから、 丸裸のお菓子を食らう。 うん。 ようやく完成と思えたあたらしいお菓子。 やっぱりアーモンドを自分で挽いたほうが断然食感もよく香ばしい。 その手間をどこまで広げるかが課題

エプロンできました。

中国茶の先生がお稽古のときに身につけていた エプロンにハートを撃ち抜かれて いつかあんなエプロンを着たいなと思っていました。 先生のエプロンと同じ作家さん(たぶん)のエプロンをみつけて 一点ものということもあり自作で量産することに。 作家さんに連絡したらなんとも快くOKしてくださった。さらにファンになる。 襟のインドの手仕事リバースアップリケ部分は 既製のランチョンマットをアレンジしたもの。 柄違

Comments


bottom of page