top of page

エプロンできました。

中国茶の先生がお稽古のときに身につけていた

エプロンにハートを撃ち抜かれて

いつかあんなエプロンを着たいなと思っていました。

先生のエプロンと同じ作家さん(たぶん)のエプロンをみつけて

一点ものということもあり自作で量産することに。

作家さんに連絡したらなんとも快くOKしてくださった。さらにファンになる。

襟のインドの手仕事リバースアップリケ部分は

既製のランチョンマットをアレンジしたもの。

柄違いで6枚も買ってしまった。

6着もつくれるんだろうか。

時間だけは途方もなくあるのだが。

最新記事

すべて表示

第一次駐車場闘争

それはもう始まっているのだ。 駐車スペースにおける攻防が。 軽々しくも、店の横に1台でも駐車ペースを設けた方がいいと言う人がいる。 ではそこに停められなかった大半のお客さんはどこへ流れるのか。 それはそれは大回りをして他の駐車場へいかなければならないのである。 そんなリスクをお客さんに背負わせるのが嫌なのだ。 だからまずは駐車場ゼロから始めます。 最低でも5台は確保しないとあると言ってはいけない気

無口な相棒たちにツッコミを

通電するまでは、ただそこにある「物体」だったオーブンだけど、 息をした(熱を入れた)瞬間に愛しさがこみあげる。 会いたかったよ、プティバッケン! フランスなんだかドイツなんだかわからないそのダサい名前が好き。 大きなからだで天板1枚しか焼けないところも好き。 予熱にめちゃ時間がかかるところも好きだよ。 今日はずっとオーブンと会話していた(一方的に話しかけていた)。 福岡出身の愚直に仕事をこなす職人

あしたに備えてバナナマフィンを焼く夜

新店舗の内装が大詰めです。 あしたで電気工事が終わっていよいよダクトレールが設置される。 照明は淡島時代のものを持って来たからそれを吊るして、 新しく華奢なシャンデリアを手に入れたのでそれも吊るすのだ。 仕事なのか趣味なのかわからない感じで集めたうつわたちを カウンターに並べるのも楽しみでならない。 先住うつわたちと仲良くできるといいな。 外観はあえて(いや、お金がなくて)ほぼなにもしていない。

Comments


bottom of page