top of page

*今夜のやまねフランス*

年末ジャンボが当たったら。

と買ってもいないい宝くじの使い道を考える。

おうちを建てて一階を店にする。

庭にはくだものの樹を植えてそれでお菓子をつくる。

温室もつくってハーブも育てちゃうもんね。

と夢ばかりは見るのだけれど

一向に宝くじを買わないわたくし。

今年こそ買うのだ。


ラインアップをどうぞ。


*ボンジュールマフィン3種

いちごとホワイトチョコレート

洋梨と紅茶

バナナと波照間島の黒糖クランブル

Ninjin Adidct

これでもかというくらいにんじんを使ったキャロットケーキ

*コマンタレブラウニー*

濃厚&ラムでクラっと

*大人のかぼちゃケーキ*

ラムたっぷり、しっとり、むっちり

*あしたのスコーン2種*

プレーン

アールグレイ

*ラムラムアマンディーヌ*

ラム酒漬けした干しぶどうとアーモンドのタルト。

*冬のタルト2種*

りんごとシナモンクランブル

金柑とフロマージュ

*アルマニャックサブレ*

フランスのブランデーが遠くで香る

さくっとだけどどこかしっとりなサブレ


保存は常温で、表示のあるお菓子以外は

すべて購入翌日いっぱいでお召しあがりください。

今夜の18時半ごろから

売り切れ次第おしまいです。

最新記事

すべて表示

エプロンできました。

中国茶の先生がお稽古のときに身につけていた エプロンにハートを撃ち抜かれて いつかあんなエプロンを着たいなと思っていました。 先生のエプロンと同じ作家さん(たぶん)のエプロンをみつけて 一点ものということもあり自作で量産することに。 作家さんに連絡したらなんとも快くOKしてくださった。さらにファンになる。 襟のインドの手仕事リバースアップリケ部分は 既製のランチョンマットをアレンジしたもの。 柄違

それでもスタンスは変えないヨ

やまねフランスのお菓子の方向性ははじめから定まっていて、 でもそれが松本だと難しいということが まぁなんとなくわかっていたのだけど、 ここ半年過ごしてみてそれを身に沁みて感じています。 やまねフランスのキーとも言えるフレッシュなくだもの。 その、ひとつのくだものの出回る時期が松本では短いのです。 東京だったら南は沖縄から北は北海道まで くだものの旬が北上していくのに合わせて 仕入れも北上していくか

最近はエプロンについて考えています。

融資が決まりました。イエーイ! 面談して資料提出して二日後に連絡来たー。はやー。 やればできるじゃないか。 これで電気工事に入れるのである。 電圧を上げるのに3ヶ月かかると言われたので、 なにはともあれ電気工事にGOを出したかったのである。 中部電力さん、がんばって。冬なんて閑散期じゃないのかしら。 1ヶ月くらいでやっておくれよ。 順調にいけば5月オープンです。 やっとこさここまで来た! はやくポ

bottom of page