top of page

周りを困らせる人

今日は朝からすっきりと晴れて、遠く乗鞍岳がくっきりと見えた。

白と青のコントラスト。

昨日の雪とは打って変わって、なんとも清々しい朝。

くるくると表情を変える山のおかげで、日々の機微に敏感になる。

自分の気持ちの澱にも気づくし、気づけるからこそ流すこともできるというもの。

そんな朝のスタートだったのに。


試作したチーズケーキを親族の女子会に持って行った。

みんなおいしいと食べてくれているのに

ひとりぶすっとした顔で納得いかない様子。わたしだ。

結局誰かがどんなにおいしいと言ってくれても(それが信頼している誰かだとしても)

自分が納得できないと前に進まないし、

そもそもその段階で人に食べさせるべきじゃない。

べき子は嫌いなんだけど、あえて言う。べきじゃないぞ、やまね。


なめらかで心地よい酸味でなんとも魅力的なチーズなのにな。

どう改良すべきか悩む。

そもそもオーブンが…、アイツでは味見の俎上にもあがらせられない。

家で試作できるお菓子に限界があるのだな。

はやく愛しのオーブンちゃんに会いたい。

高温でみしっと水分を閉じ込めて焼きたい。

最新記事

すべて表示

いよいよ、いよいよ、いよいよ。←最近はマルハラというのがあるらしい。なんじゃそら。

店舗の契約をようやく済ませて、 昨日は内装屋さんと打ち合わせ。 松本ならでは、寒冷地ならではの制限を聞いたりして できることできないことを整理しました。 一度にぜんぶ手をつけて、じゃじゃーんとオープンしたいところだけど 懐具合とも相談して、ミニマムスタートに舵を切る。 船長やまねはもともと軽い人間だったのに、最近は ひますぎていつも使っていない頭を無理に使って悩んじゃっておバカだこと。 ストイック

深く潜る

夜から朝にかけて降った雪が粉砂糖みたいに山にかかっていてかわいい。 東京へ向かうあずさの中、 自分のつくったお菓子を食べる。 こういう空間で食べるお菓子は、しごく客観的に食べられてよいな。 家にいる安心感もおいしいお茶もないから、 丸裸のお菓子を食らう。 うん。 ようやく完成と思えたあたらしいお菓子。 やっぱりアーモンドを自分で挽いたほうが断然食感もよく香ばしい。 その手間をどこまで広げるかが課題

エプロンできました。

中国茶の先生がお稽古のときに身につけていた エプロンにハートを撃ち抜かれて いつかあんなエプロンを着たいなと思っていました。 先生のエプロンと同じ作家さん(たぶん)のエプロンをみつけて 一点ものということもあり自作で量産することに。 作家さんに連絡したらなんとも快くOKしてくださった。さらにファンになる。 襟のインドの手仕事リバースアップリケ部分は 既製のランチョンマットをアレンジしたもの。 柄違

Comments


bottom of page