top of page

松本は雪、福岡は春。

松本空港から飛び立ってみたくて、ふらり福岡。

もともとひとりで来るつもりが

行きたいと手を挙げてくれた人がいて、

でもやっぱり来れなくなって、ひとり。

福岡最終日に別の友人が合流するまで。

ということもあって、のんびり過ごす。詰め込まない。

ふたりだったら行かないB級てんぷらとかひとりおでんとか。

あたらしいお店のフライヤーのコピーを書きたかったから

カフェをはしご。

コーヒーお茶お菓子をしながら

自分のお菓子のことについて考え、走り書く。

いよいよ書くぞというパソコンの前じゃなく、

汚い字でノートにつらつら書いてるこの時間が好き。


福岡は空気が軽い。

東京とほぼ同じ気温だから似たようなものかなと思ってたんだけど、

陽射しがぜんぜんちがう!

軽やかに歩きまくる。

最新記事

すべて表示

沖縄のクラフトジンがおいしすぎた

食欲と物欲にまみれた福岡からの沖縄旅。 稀に見る充実の旅でした。 だいたい物足りなさや心残りがあるものだけど (明日まで残ってくれればシミ取るよと沖縄在住の友人に言われたのが心残りか…笑)、 満喫しすぎて現実になかなか戻れない気すらします。 日頃がんばっている友人たちへの天からのご褒美のおこぼれをもらったのだな。 いつもありがとう。 「お店で使うから」という大義名分を掲げて、 福岡ではテーブルと椅

あいちゃんって何からでも学ぼうとするよね。と言われたばかりです。

柔軟性って必要なんだろうか。 ううん、必要だと思ってるんだけど、 ゆずらなさも必要で、そのバランスだ。 かといってバランスがよければいいというわけじゃなく、 バランスなぞよくないほうが魅力的だ。とわたしは思う。 バランスがいいなんて誰からも愛されてキラキラしてる。 そういうのは好まないし、好まない人たちが好きだったりするんだけど、 それでもそのキラキラが太陽かってくらいの 輝きというか光の強さや貫

Σχόλια


bottom of page