top of page

第一次駐車場闘争

それはもう始まっているのだ。

駐車スペースにおける攻防が。

軽々しくも、店の横に1台でも駐車ペースを設けた方がいいと言う人がいる。

ではそこに停められなかった大半のお客さんはどこへ流れるのか。

それはそれは大回りをして他の駐車場へいかなければならないのである。

そんなリスクをお客さんに背負わせるのが嫌なのだ。

だからまずは駐車場ゼロから始めます。

最低でも5台は確保しないとあると言ってはいけない気がして(あくまでもわたしの考え)、

まずは迷惑をかけてしまうのを承知で人と車の流れを見たいのです。

これは今後スムーズにお店を利用していただくための必要悪。

ご理解いただけたらと思います。


ちなみに、第一次と書いたのは

どんなに駐車場を確保してもご近所の迷惑になるお客さんがいることを

いろいろなお店を見て知っているから。

これからも永遠につづくのだろうな。

お店だってお客さんを選びたいのである。

マナーが守れない人はお菓子を買わなくてよろし。


なんて、

まだ起きてもいないことにプリプリしている店主でした。

最新記事

すべて表示

ひと月たちましたネ

淡島のお店を閉めてから約一年、 ふたたびバタバタする日々が始まった。 大好きなお菓子を焼いて生きているという現実よ、しあわせよ。 まだ珍しがって買ってくれてるだけかもだから、油断ならぬ。 松本の人たちに気に入ってもらえるといいなぁ。 みんなを元気にできるようなお菓子を焼いていきたい。 食べ終わったとき、よしがんばるぞーとか、さてつぎいくぞーとか、 すこしでも思ってもらえたら嬉しいです。

無口な相棒たちにツッコミを

通電するまでは、ただそこにある「物体」だったオーブンだけど、 息をした(熱を入れた)瞬間に愛しさがこみあげる。 会いたかったよ、プティバッケン! フランスなんだかドイツなんだかわからないそのダサい名前が好き。 大きなからだで天板1枚しか焼けないところも好き。 予熱にめちゃ時間がかかるところも好きだよ。 今日はずっとオーブンと会話していた(一方的に話しかけていた)。 福岡出身の愚直に仕事をこなす職人

あしたに備えてバナナマフィンを焼く夜

新店舗の内装が大詰めです。 あしたで電気工事が終わっていよいよダクトレールが設置される。 照明は淡島時代のものを持って来たからそれを吊るして、 新しく華奢なシャンデリアを手に入れたのでそれも吊るすのだ。 仕事なのか趣味なのかわからない感じで集めたうつわたちを カウンターに並べるのも楽しみでならない。 先住うつわたちと仲良くできるといいな。 外観はあえて(いや、お金がなくて)ほぼなにもしていない。

Комментарии


bottom of page