top of page

A NEW WORLD

ほぼ毎日中国茶をすすっています。

本気で勉強し始めて今年で3年目、まだまだヒヨッコです。

20年くらい中国茶の世界の扉の前をウロウロしていたのだけれど、

いざ開けてみたらその世界の奥深さにどっぷり。

なんで今まで開けなかったんだろう、というよりは

ついに開けてしまった感。入ってはならぬ扉を開けてしまったような。

年が明けて家に帰ってきて久しぶりに飲んだときは

涙が出てしまったほど。香りと味わいとその時間すべて。


今までわたしが知らなかっただけで、

中国茶の世界は本当にすぐそばにあって、

豊かな文化をつくりつづけていた。

中国ではお茶好きな男とは結婚しちゃいけないと言われているらしい。

茶器やらなんやらを買い集めるお金で家が建つという。

うん、そうなの、いくらあってもお金が足りないのだ。


なんて話をしたいのではなく、

中国茶の世界をたくさんの人に知ってほしいのです。

というかおいしいお茶を飲んでほしい。

ついでにお菓子も食べてほしい。

だから、新しいお店はどんなに小さくても

お茶会ができるスペースを確保したいのです。


もはやお菓子屋がやりたいのかお茶会が開きたいのか

わからなくなる日もあるくらい。

そして、今日もひとりお茶会す。

最新記事

すべて表示

しあわせアフォーダンス

お店の内装工事が進んでいる。 打ち合わせに行くたびに職人さんたちにお菓子を持っていく。 つぎ会ったときにおいしかったと笑顔をもらえる。 久しぶりのこの感覚。 お菓子で人をしあわせにしたいなんていう美しい精神でなく、 ただただ食べた人たちの喜ぶ顔が見たいというエゴのほうが強い気がする。 会社に入社したての頃、あまり笑わない先輩がいて その先輩をどうやって笑わせようかと考えていたあの頃と やってること

まだまだ未熟者なので「期待しない」がさみしいことだと思ってしまう

あれれ、気づいたら全然更新していなかった。 それまではなかなか進まないとぶーたれてたくせに、 いざ工事が始まると無口になるのか、やまね。 内装工事、始まってます。 床と天井を抜いたら、急にやる気が出たわたくし。 ゲンキンなやつなのです。 あれもこれもやりたいことをすべて諦めて、 発想の転換をしてポジティブに捉えていく。 そこからまたどうしても譲れないことを復活させていく。 バレンタインジャンボが3

猫不足の禁断症状

もふもふ欲求不満が過ぎて今朝も夢を見た。 「どなたか猫をお忘れではないですかー」 と寝ている猫を抱えてやって来た駅員さんに(どうやら舞台は駅らしい) 「わたしの猫です」と嘘をついて引き取るという夢。 ハチワレのされるがままの猫だった。 正夢になったらいいのに。受け入れ態勢は万全です。 お店の内装のあれこれをやっているのだけど、 お金が足りなくてアレもあきらめコレもあきらめしているから ストレスが溜

Comments


bottom of page