top of page

A NEW WORLD

ほぼ毎日中国茶をすすっています。

本気で勉強し始めて今年で3年目、まだまだヒヨッコです。

20年くらい中国茶の世界の扉の前をウロウロしていたのだけれど、

いざ開けてみたらその世界の奥深さにどっぷり。

なんで今まで開けなかったんだろう、というよりは

ついに開けてしまった感。入ってはならぬ扉を開けてしまったような。

年が明けて家に帰ってきて久しぶりに飲んだときは

涙が出てしまったほど。香りと味わいとその時間すべて。


今までわたしが知らなかっただけで、

中国茶の世界は本当にすぐそばにあって、

豊かな文化をつくりつづけていた。

中国ではお茶好きな男とは結婚しちゃいけないと言われているらしい。

茶器やらなんやらを買い集めるお金で家が建つという。

うん、そうなの、いくらあってもお金が足りないのだ。


なんて話をしたいのではなく、

中国茶の世界をたくさんの人に知ってほしいのです。

というかおいしいお茶を飲んでほしい。

ついでにお菓子も食べてほしい。

だから、新しいお店はどんなに小さくても

お茶会ができるスペースを確保したいのです。


もはやお菓子屋がやりたいのかお茶会が開きたいのか

わからなくなる日もあるくらい。

そして、今日もひとりお茶会す。

最新記事

すべて表示

残念ながら気になることがあると眠れなくなるのは変わらない

今日はフライヤーの色校を戻しがてら、 保健所へ行ったり労働基準監督署(ぜんぜん憶えられない)へ行ったり。 あとはハローワークへも行かなくちゃいけないらしい。 人を雇うということは責任が伴うのだなと 手続きの多さからも実感する。 いままでの気楽さとどうバランスをとっていくのだろう。 これがよい緊張感になるといいな。 珍しくまじめなやまね。 この1年くらいで考え方に大きな変化があって 性格まで変わって

うにちゃんへの手紙か

今朝も猫の夢。 にゃーにゃーではなくまだミューミューと鳴く仔猫2匹が わたしの周りをぴょんぴょん跳ねている。 つまみあげて手のひらに乗せる。 願望むき出しのこの夢はなんなんでしょうか。 なんの暗示もない。ストレートな願望。 そういえばうにちゃんがまだ手のひらサイズだったころ 小さ過ぎてトイレの高さに届かないかもと心配して 会社から配られたビジネス書を重ねて階段にしてあげたな。 結局1ページも読まな

松本マジック

昔から使っている「ヤッホー、お茶にしようよ。」というコピーを 新店のフライヤーにも入れようと思ったのだけど、 ここで松本マジック。 「ヤッホー」がやまびこにしか見えないのだ。 山頂から叫ぶやまねが思い浮かぶ。 東京で使ってたときはなんとも思わなかったのに。 毎日山を見ているからだろうか。 ということで「やっほー」にしてみた。 やまびこ感は減ったと思う。 けど、初めて見た人は松本だからやまびこか?っ

Comments


bottom of page