top of page

PERFECT DAYS

スクリーンに映し出された他人の日常を

ただ観ていただけなのに、

なぜこんなにも余韻がつづくんだろう。

映画を観た後は、すぐに忘れてしまうことが多い。

ストーリーを堪能したら、それでおしまいなことが多い。

あれから毎日、平山さんがわたしの中に現れる。

肯定されているような問われているような

そんな映画だった。

最新記事

すべて表示

しあわせアフォーダンス

お店の内装工事が進んでいる。 打ち合わせに行くたびに職人さんたちにお菓子を持っていく。 つぎ会ったときにおいしかったと笑顔をもらえる。 久しぶりのこの感覚。 お菓子で人をしあわせにしたいなんていう美しい精神でなく、 ただただ食べた人たちの喜ぶ顔が見たいというエゴのほうが強い気がする。 会社に入社したての頃、あまり笑わない先輩がいて その先輩をどうやって笑わせようかと考えていたあの頃と やってること

まだまだ未熟者なので「期待しない」がさみしいことだと思ってしまう

あれれ、気づいたら全然更新していなかった。 それまではなかなか進まないとぶーたれてたくせに、 いざ工事が始まると無口になるのか、やまね。 内装工事、始まってます。 床と天井を抜いたら、急にやる気が出たわたくし。 ゲンキンなやつなのです。 あれもこれもやりたいことをすべて諦めて、 発想の転換をしてポジティブに捉えていく。 そこからまたどうしても譲れないことを復活させていく。 バレンタインジャンボが3

猫不足の禁断症状

もふもふ欲求不満が過ぎて今朝も夢を見た。 「どなたか猫をお忘れではないですかー」 と寝ている猫を抱えてやって来た駅員さんに(どうやら舞台は駅らしい) 「わたしの猫です」と嘘をついて引き取るという夢。 ハチワレのされるがままの猫だった。 正夢になったらいいのに。受け入れ態勢は万全です。 お店の内装のあれこれをやっているのだけど、 お金が足りなくてアレもあきらめコレもあきらめしているから ストレスが溜

Comments


bottom of page