top of page

プラリネプラリヌ



気まぐれに、クッキーのレシピを。

どこにでもあるレシピかもしれないけど、これがやまねフランスの「基本のき」です。

プラリネを入れるとほろ苦くて大人な味わいに。基本のサブレだけでもじゅうぶん幸せ。

プラリネだけでなく、チーズとか、チョコチップとか、お砂糖を変えてみるとか。

アレンジするほどたのしい。

ちなみに、レシピについてのお問い合わせはキリがなくなっちゃうので、受け付けまへん。


プラリネ サブレ

*材料(30枚くらい)*

基本のサブレ

 無塩バター 120g

 塩 ひとつまみ

 砂糖 60g

 卵黄 1コ

 小麦粉 180g


プラリネ(ナッツはなんでもいいのです。お好みで。とにかく砂糖と同量。)

 くるみ 20g

 アーモンド 20g

(スライスならそのまま、粒ならタテに4等分して)

 砂糖 40g


*つくりかた*

準備:プラリネを入れる場合は先につくっておく(つくりかたは最後に)。

プラリネが冷めたらフードプロセッサーにかけて好みの大きさに砕いておく。


常温に戻したバターをホイップして、砂糖・塩を加えさらに混ぜる。

卵黄を入れて混ぜる。

小麦粉をふるいにかけてから加え、粉っぽさがなくなるまでゴムベラで混ぜる。

混ぜすぎないのがポイント

(プラリネを入れる場合はある程度粉っぽさがなくなってからここで混ぜこむ)。

ラップで平たくまとめて冷蔵庫で2〜3時間くらい冷やす。

お好みで5〜8ミリ厚にのばす。好きな型で抜いて、170℃のオーブンで18〜20分焼く。

できあがり。かんたんだー。


*プラリネのつくりかた*

くるみとアーモンドを160℃のオーブンで10分ローストする。

フライパンに砂糖を敷き、濡らした手でパッパと水をかける(ちょっとでいいです)。

強めの中火にかけて、周りの砂糖が溶け出してうすく色づいてきたら、フライパンをゆする。

全体的に濃い茶色になったら火からおろしてくるみとアーモンドを加えカラメルと和える。

熱いうちにオーブンシートにうすく広げる。

一見、面倒くさそうだけど、やってみるとかんたんおいしい。

プラリネは砕かずそのまま食べてもそれだけでお菓子になるし、アイスクリームにちらしてもサイコーです。

最新記事

すべて表示

ひと月たちましたネ

淡島のお店を閉めてから約一年、 ふたたびバタバタする日々が始まった。 大好きなお菓子を焼いて生きているという現実よ、しあわせよ。 まだ珍しがって買ってくれてるだけかもだから、油断ならぬ。 松本の人たちに気に入ってもらえるといいなぁ。 みんなを元気にできるようなお菓子を焼いていきたい。 食べ終わったとき、よしがんばるぞーとか、さてつぎいくぞーとか、 すこしでも思ってもらえたら嬉しいです。

第一次駐車場闘争

それはもう始まっているのだ。 駐車スペースにおける攻防が。 軽々しくも、店の横に1台でも駐車ペースを設けた方がいいと言う人がいる。 ではそこに停められなかった大半のお客さんはどこへ流れるのか。 それはそれは大回りをして他の駐車場へいかなければならないのである。 そんなリスクをお客さんに背負わせるのが嫌なのだ。 だからまずは駐車場ゼロから始めます。 最低でも5台は確保しないとあると言ってはいけない気

無口な相棒たちにツッコミを

通電するまでは、ただそこにある「物体」だったオーブンだけど、 息をした(熱を入れた)瞬間に愛しさがこみあげる。 会いたかったよ、プティバッケン! フランスなんだかドイツなんだかわからないそのダサい名前が好き。 大きなからだで天板1枚しか焼けないところも好き。 予熱にめちゃ時間がかかるところも好きだよ。 今日はずっとオーブンと会話していた(一方的に話しかけていた)。 福岡出身の愚直に仕事をこなす職人

Comments


bottom of page